読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lesson

読んだり、飲んだり

DOCUMENTARY

「DOCUMENTARY of AKB48」の第一作を観た。監督があの「リリイ・シュシュのすべて」の岩井俊二なんだそうだ。だからどうということもないが、ドキュメンタリー映画ってそれ専門の監督がいるイメージがあったので意外だ。

どうも作中の時間は2009年ごろのようだ。私でも知っているようなメンバーが続々とインタビューに登場する。いまはもうグループに存在しないメンバーがとうとうと自らの思いを語る姿を見るのは、不謹慎ではあるが、葬式で故人を偲ぶあの感覚に近い。

ちらちらと光が差す画面、物から人へのピント(ぼやけ)の移動、抑制的な音楽。画面の見た目は独特な雰囲気がある(というか、どこで撮ってるんだってところもある。グラビア撮影に帯同?)。しかし、話者のコメントに合わせてそれと関連するようなバックステージのカットを挟むなど、観やすいドキュメンタリーになっていると思う。

なんといっても、アイドルのキャラが濃い。(渡辺麻友の「わたしこれ以外の仕事できない」「天職だと思ってる?」「はい……天職って何ですか?」の流れは良かった)これはすごい。入れ込むファンが出るのもわかる。異常な環境に適応しきった結果、自分の考えがえらくはっきりしている。ともすれば哲学じみてる。それをすごく自然な態度で淡々と話すから圧倒される。狂気に近いものを感じる。現時点の彼女らを知っているから余計に。

ただ、ひたすらにインタビューが続いていくので欠片も興味がなければこの作品はきついかもしれない。

ああ、だれか売れないかな。冗談でもいいからこういうのやってみたい。